エイジングケアレーザーのスキンケアでシワをなくす

年齢が高くなるにつれて、顔にしわができやすくなるのは当然です。シワにもいろいろありますが、肌のハリが失われたことによって顔全体に細かいシワができたり、長年動かしてきた口元にはほうれい線が深く刻まれてしまいます。シワは場所や程度にもよりますが、顔の印象を老けたものにしてしまうので、アンチエイジングのためには必ずケアしておきたいポイントです。

トリアスキンエイジングケアレーザーには、フラクショナルレーザーという美容レーザーが使われていて、このレーザーが肌表面に細かい穴をあけることで肌の奥のコラーゲンを刺激してハリを取り戻します。コラーゲンは肌の奥で肌組織の骨組みとなっている成分であり、このコラーゲンの元気がなくなると、肌を奥から支えきれなくなり、シワが刻まれてしまうのです。フラクショナルレーザーはこのコラーゲンを活性化することで、肌に弾力を与え、ハリを取り戻す効果があります。

また、フラクショナルレーザーによって肌表面に微細な穴があけられることで、化粧水などによる保湿成分の吸収率が格段に上がるのも特徴です。そのぶん乾燥もしやすくなるのですが、レーザーをあてた後に化粧水などでたっぷり保湿しておくと、いつも以上に潤っているのがわかるはずです。コラーゲンを刺激し保湿力を高めることで、肌はハリを取り戻し、徐々にシワが薄くなっていく効果が期待できます。ほうれい線など深く刻まれたシワはなかなか戻りにくいので、気長にケアしていくことが大切になります。

弾力を肌の内側から復活させましょう!